言葉の行き違いみたいなことで
みんなから責められるようなことは
小学生のころにもたびたびありましたが、

成長するにつれ
ギャップは広がり、

友だちが何を言ってるのか
ますます
わからなくなってきたようです。

大人はそういうの
見て見ぬふりしてくれる
かもしれないけれど

子どもたちは見逃さないようで、

何かと
よってたかって
からかわれる。

もしかしたら
そんなつもりなわけでないことも
あるかもしれないけれど。

口をひらけば
片っ端からこじれて
もめごとになり、

先生に問いただされても
説明できずに

死んでしまいたい
気持ちになるのです。