NHK あさイチを見ていて凹んでいました…

 

番組の冒頭でNHK連続テレビ小説「まれ」の放送を見ていた有働由美子アナウンサーが「成功していないっぽいシャツでしたね。シャツがね」「シャツがテラテラだったんでね〜」とその後も何か言っていましたけど、V6の井ノ原快彦さん達スタジオにいる出演者の笑い声や話し声にかき消されて上手く聞き取れませんでした。

この発言に凹んでいました。物語のヒロイン、津村希(土屋太鳳)の父親、津村徹役を演じている大泉洋さんが6,7年ぶりに能登へ帰って来たときの服装が、有働アナ曰く「テラテラ」のシャツだったんです。ポリエステル製と思われるペイズリー柄のプリントシャツを着ていました。

 

聞いて嫌ぁな気分になりました。服装でそういう差別的な発想を持つ人は多かれ少なかれいらっしゃるのだろうなぁというのは分かるのですが、それを仕事の場で、しかも公共の電波に乗せて言ってしまうのはまた違った話になるのではないかと…心で思っている分には好きなだけ思っていてくれと思いますが…う〜ん。よく分からないですが、気にしたら負けみたいなものなのでしょうか。

服装に限らず、私に差別的な意識が全くないかと言われると、そんなことはないと思います。でも顔と名前が出ているTVでは言わないですね、たぶん。出演したことがないから分からないですけど。

その後は番組を見ていたくなかったのでチャンネルをEテレに変えていました。ですからその後有働アナたちが話題に触れたかどうかは確認していません。

 

 

matome.naver.jp

 

今回思い出したことがありまして、昨年、有働アナが結婚していないことや年齢のことを番組内でネタにされていることを、イノッチさんがそういうの止めようよ的に咎めたことがあったのですが、でもその有働さんも結構後輩アナウンサーにパワハラ&セクハラ発言していますよね。

例えば、近藤泰郎(近藤泰郎 - アナウンサーを探す - NHK アナウンスルーム)アナウンサーの顔が年齢に比べてどうとか言っていましたし、他には名前を忘れましたが体格の良い男性アナウンサーがVTR中に身体にフィットするトレーニングウェアを着ていて、それに対して体型について何か言っていました。これらはセクハラだったと思います。言った相手が自分の先輩だったら言えていたか分からないので、もしかしたらパワハラの可能性もあるでしょうか。

あの後のネットではイノッチへの賛美が多かったですけど、私と同様に感じていた方も少しですがいらっしゃったと記憶しています。何の記事だったかのぶこめでも見かけました。同じ様に感じている方がいるんだと安心した覚えがあります。

ということも含め、有働アナはそういう方なのだろうなということを再認識した今回のあさイチの放送でした。

 

 

差別原論―“わたし”のなかの権力とつきあう (平凡社新書)

差別原論―“わたし”のなかの権力とつきあう (平凡社新書)

  • 作者: 好井裕明
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 147回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る